Truejouvence

メニュー紹介

トゥルージュバンス弱酸性美容製品を使用したサロンメニューの
一例を紹介します。
トゥルージュバンス弱酸性美容製品を使用したサロンメニューの一例を紹介します。

Step.1

カウンセリングを行い、頭皮・毛髪をチェックします。お客さまの状態にあわせて施術を説明します

Step.2

トゥルージュバンス弱酸性シャンプーで洗髪して、PPTヘアサプリを塗布します

Step.3

ヘアエステの行程に移動してビエールZを毛髪に塗布

Step.4

15分ほど放置して髪に浸透させる

Step.5

ビエール2剤を毛髪の状態に合わせて希釈して使用

ヘアエステの施術前後の写真

Before

After

Step.6

トゥルージュバンスアシッドカラーをコームを使い、地肌に付かないように塗布

Step.7

塗りおわったらラップを髪全体に巻いて放置します。(自然放置の場合、20分間)

Step.8

アフターシャンプー後

Step.9

ブロー・仕上げ

カラーの施術前後の写真

Before

After

アシッドカラー YJ-5使用

Step.1

ブラッシング、トゥルージュバンス弱酸性シャンプーを使用してしっかりと頭皮・毛髪の汚れを落とします。 毛髪をしっかり乾かしてからパーマ液1剤を塗布してください。頭皮にパーマ液が付着することは美容法で禁止されています。頭皮には化粧品登録のビエール1剤を使用してください。毛髪には髪の状態に合わせた薬液を使用してください。

Step.2

しっかりとコーミングして、根元からテンションをかけて、ワインディングしてください。ワインディング終了後、全体に楽液を塗布し20~30分程度、放置します。

Step.3

コーミングのポイント
・ロッドを巻く位置よりも1本弱くらいアップステム にして、根元に近い位置に手前からコームを入れて ストッパーを効かせて奥側へ返す。
・コームを返すときは、手の中で小さく回すようにする。 テンションのかけ方は一定にする。
・ダメージヘアには、根元にだけテンションをかけて 毛先側はテンションを抜く。
・ロングヘアの場合には、髪をロッドに巻きつける。
・途中でコームのテールを使ってテンションを入れ直す。
・ゴムかけは、180

Step.4

1剤を毛髪に浸透させてください。
基本20分・MAX30分以内
加温厳禁(ホットタオルくらいの温熱なら可)

Step.5

中間水洗(微温湯の場合、3L程度使用)
しっかりと1剤を流してください。チオグリコール酸の臭いが残らなくなるまでしっかりすすいでください。
シャンプー台で3分ほどすすぐことをおすすめします。

Step.6

パーマ液2剤 ➡ 6~8倍希釈 
 (基本は2剤A…10分/2剤B…10分)
2剤A(pH4.0)塗布後、MAX15分以内
2剤B(pH4.0)塗布後、MAX10分以内
※法律でpH4.0以上で使用する決まりがあります。
循環器を使用しない場合、2剤は、原液で使用して7分+7分
中間リンス(微温湯使用)で1剤が残らないようにしっかりすすいでください。

Step.7

pH値は、4.0以下にならないように注意してください。 pH値を下げ過ぎる転調法は効果的ではなく、毛髪に悪影響を与えます。 pH4.0以下は、薬機法により禁止されています。 pH4.0以下になると、膨潤・溶解作用がでてきます。

Step.8

酸化が十分に行われ、 ウェーブのかかり具合いを確認したら、ロッドを外してシャンプー台でしっかりと薬液を流します。 髪の状態に合わせてトゥルージュバンス弱酸性コンディショナー・トリートメントを適宜使ってください。

Step.9

トゥルージュバンスヘアプロテクトオイルを適量使用してドライヤーで乾かします。

パーマの施術前後の写真

Before

After

トゥルージュバンス弱酸性美容製品取り扱いサロン

トゥルージュバンス弱酸性美容製品を使った施術は専門店をご利用ください。
Créer des liens(クレェ・デ・リヤン)
東京都新宿区四谷2丁目8番エムス四谷ビル1F
090(2734)3914
MIRROR HAIR DESIGN(ミラーヘアデザイン)
東京都墨田区横網1丁目9番2号 NTTドコモ墨田ビル低層棟1F
03(5819)4844